シースリー 生理

シースリーでの生理の時の対応方法について!

生理中のムダ毛処理で悩んでいる人も多いでしょう。
ちなみに、生理中の肌は妊娠中と同じようにホルモンバランスが乱れており、
敏感で傷つきやすい状態になっています。
そのため肌が乾燥しやすくなったり、
逆に脂っぽくなってしまうことがあるのです。

 

エステサロンで脱毛を受ける場合、
カウンセリングの時生理中がどうかを聞かれることになります。
生理中に脱毛を行うと普段よりも肌荒れや乾燥などのリスクが高まってしまうため、
ほとんどのエステサロンではこの時期に脱毛を行いません。

 

どうしてもムダ毛が気になる場合、
電気シェーバーなどで自己処理せざるをえないでしょうが、、
アフターケアもしっかり行うようにしましょう。

 

脱毛サロンの中には、生理中でもVIO以外は脱毛できるところがありますが、
シースリーではどの部分も施術が受けられないので注意が必要です。

 

まず生理中は肌がデリケートな状態であり、
体調が良くても刺激に対しては弱くなっています。
また、出血している状態だと、衛生面の問題からIラインなどの脱毛ができません。
さらに、ホルモンバランスの問題もありますし、
ホルモンバランスが乱れていると脱毛を行っても効果がでないことがあるのです。
肌が敏感だと肌トラブルが起こりやすくなりますし、
このようなリスクを避けるためにシースリーでは生理中の脱毛を行っていないのです。

 

シースリーでは毛周期に合わせて2〜3ヶ月に1回の施術を行っています。
1年間で6回の施術を受けるためには、2ヶ月ごとに通う必要があるでしょう。
しかし、そのタイミングで生理が来てしまうと1回分が無駄になってしまいます。
お金が無駄になるのを避けたいという場合、
次の施術にVIOが入っていないかどうかを確認しておきましょう。
ただ、シースリーで一番人気の回数制限の無いコースであれば、
もともと期限がないので回数が無駄になるといったこともなく、
いつでも通うことができます。

 

周期が予想と外れてしまった場合などは早めにキャンセルや予約の変更を行うのが良く、
キャンセルの場合でも事前に連絡しておけば料金がかかってしまうことはありません。

 

シースリーの予約|コスパNo.1脱毛を徹底解説!得する予約はココ